「がん遺伝子治療」とは

がん遺伝子治療は、がん抑制遺伝子や、がん抑制タンパクを用いて、がん細胞を自滅に追い込む治療です。
自己血培養必要のない治療タンパクなので、すぐ治療を行うことができます。
がん細胞の多くは、がん抑制遺伝子が欠落か、正常の機能を果たさなくなっています。
がん遺伝子治療は、がん抑制遺伝子やがん抑制タンパクを体内に導入することで、がん細胞の増殖を止め、自然な細胞死を迎えるように誘導する治療です。

「がん」が発症する理由

当院の「がん遺伝子治療」

高い効率で遺伝子組み込みが行えます

代表的ながん抑制遺伝子である「p53」、「PTEN」、「p16」と、「CDC6shRNA」「TRAIL」を、組合せて最も効率が高い遺伝子の運び屋(ベクター)のレンチウイルスベクターを使用してがん細胞に高い効率で遺伝子を組み込みが行えることを特徴とします。

全身投与から局所注入まで

治療タンパクは、点滴投与によって全身のがん細胞に効果を発揮します。
さらに、状態に合わせて局所注入することも可能です。

組み合わせでより高い相乗効果

がん遺伝子治療は、三大治療(手術、放射線治療、化学療法)と組み合わせることで、より高い相乗効果が得られます。

免疫治療や抗がん剤、放射線治療治療などとの複合治療

iPMC 総合医療予防医院ではがん遺伝子治療だけではなく、連携クリニックの協力を得て、免疫治療や抗がん剤、放射線治療治療などとの複合治療を行うことが可能です。

「がん遺伝子治療」の特徴

  • 正常細胞に悪影響を与えず、がん細胞にのみ効果を示し副作用も少ない。
  • 全身の細胞レベルで効果があり、一定の大きさのがんが存在する初回のがん治療や再発がん治療ばかりでなく、マイクロ転移や微細ながん細胞からの再発予防や、がん発生予防にも有効であり、治療適応範囲が広い。
  • 抗がん剤や放射線治療との併用で高い相乗効果が得られます。
  • がん遺伝子治療は直接細胞内に作用するので耐性になることがなく、抗がん剤に耐性を持つがん細胞にも有効的に働きます。
  • がん遺伝子治療はがんの種類や病期に関係なく有効です。どの部位のがんでも、がん細胞の発生や無限増殖には、がん抑制遺伝子の異常が深く関わっているためです。
  • 治療は点滴で行い、病状にかかわらず、副作用も殆どなく苦痛を伴わずに治療が受けられます。
  • がんのメカニズムそのものに根ざした治療なので、抗がん剤や放射線などの従来の治療を継続しながら遺伝子治療をこれに加えて行うことで相互により高い効果を得ることができます。
  • ストレスに強い「がん幹細胞」にも効果があります。
  • 発現や治療効果が一過性でなく持続します。
  • 複数のがん抑制遺伝子やRNA干渉を利用している治療法なので他の治療をさまたげません。

未病・予防点滴

  • 遺伝子治療タンパクは応用として、未病の段階で予防点滴(PD:Prevention drip )が可能です。
  • がん遺伝子検査(遺伝子解析)を併用することで予防点滴(PD)や術後を知る可能性があります。PET—CTなど画像で早期発見する前にがんの有無を予測することが可能になりました。
  • 血中循環DNA解析や can tect、CTC検査などがあります。
  • 血中循環DNA解析は、損傷を受けてがん化した細胞のDNA(変異DNA)を検知して、PETやMRIなどの画像検査では見つけられない極小のがん細胞の存在を確認する「がんのスクリーニング」解析でアメリカの医療機関で評価を受けています。
  • DNA種別単位でどの程度血液中に出ているかを数値化しているため、関連する部位や進行度の予測ができます。

治療の流れ(概略)

  • 相談を受付
  • コーディネーターが 簡単な説明と医療相談
  • 診療情報や画像データ確認
  • 治療プラン作成(必要により追加検査のある場合もあります)
  • セカンドオピニオンやインフォー ムドコンセント
  • 治療開始
    1クール5回です。治療開始時、検査の為の採血をします。必要に応じ免疫治療の為の採血をします。
  • 治療後、効果判定検査と継続可否説明同意