本院は癌を制し予防するのに主として四つのあらゆる免疫学的手法を用います

免疫細胞療法:免疫細胞をがん細胞と戦う戦闘員にします

活性化自己リンパ球療法は、免疫細胞であるNK細胞やT細胞を利用してがん細胞を制する有利な方法です。基本的には、それらの細胞を患者さんから採取し、培養室でその数を膨大に増やして患者さんに戻す方法です。培養室でT細胞などはその活性がより強力になります。CAR T細胞療法と呼びます。現在、白血病やその他のがん疾患に用いられ有望な結果が得られています。

免疫チェックポイント阻害剤:免疫系のブレーキを取り払う

免疫チェックポイント阻害剤(抗PD-L1抗体)はがん治療に有望な一つの道です。免疫系を車と考えるとブレーキペダルとアクセルペダルのようなもので、前進して攻撃するか静止させるかです。チェックポイント阻害剤は免疫系のブレーキを取り払い、免疫系をフルスピードでがん細胞を攻撃させるようなものです。オプジーボ(二ボルマブ)、ヤーボイ(イピリムマブ)、ケイテュリダ(ペンブロりズマブ)などがあり、メラノーマや一部の肺癌で効果が確認されています。また他のがんにも応用可能と思われます。

モノクローナル抗体:がんをターゲットにします

モノクローナル抗体(単クローン抗体),アヴァスチン(ベヴァシズマブ)、ハーセプチン(テュラスツマブ)、リテュキシン(リテュキシマブ)などは肺がん、乳がん、リンパ腺がんなど広範囲のがんに有効であることが確認されています。がん抗原と結びつき選定して免疫系細胞で破壊します。さらなるモノクローナル抗体の臨床治験が他のがんに対しても進行中です。

がんワクチン:がんに対する免疫反応を賦活させる

はしかや天然痘に対するワクチンはすでに一般化していますが、同じプリンシプルに立って、がん予防や治療ワクチンの開発が進行中です。がん予防ワクチンにはB型肝炎やそれに引き続き起こる肝がんを予防します。また、HPV(ヒトパピローマウィールス)ワクチン、ガルダシル、は子宮頸がん、肛門―陰部がんを予防します。治療ワクチン、プロヴェンジ、は前立腺がんの治療効果が認められています。がんに対する他のワクチン療法も臨床試験も現在行われています。

免疫細胞療法について

免疫細胞療法とは体内に出来た悪性の細胞やウィルスに感染した細胞を攻撃するために免疫機能を活性化させるのが目的です。本療法では、このような異常な細胞をやっつけるため免疫細胞を体外で活性化し数を増加させます。本療法はすでに日本厚労省で最新医療技術として一部の疾患群で認められています。
本療法は単独であるいはがんの標準療法(手術、放射線療法、化学療法) と一緒に行うことが出来ますし、また、術後の再発予防に効果があることが示されています。
さらに、一見健康な人でもがんの発生予防に効果があることが期待できますし、これこそ本院の最大の使命です。
本院で末梢静脈より採血させて頂き、1~2週間後、また本院で静脈に戻すだけです。採血した血液をプロセスセンターに送りそれぞれの工程に入ります。 プロセスセンターでの工程を要約すると、単核細胞を血液から分離し、その中のTリンパ球をフラスコ中で活性化し、培養バッグ中で数を増やし、生理食塩水で洗浄浮遊させます。そして活性化され増量されたリンパ球をクリニックで静脈に戻します。

1)アルファ―ベータT細胞(αβT細胞)治療

αβT細胞は免疫細胞の中でも細胞攻撃機能が高い細胞です。
血液中のαβT細胞はγδT細胞やNK細胞などと共に体外培養地で分離活性化増量されます。活性化増量された免疫細胞は前記概略したようにクリニックで血管内に戻します。免疫細胞の中90%がαβT細胞です。

2)NK細胞療法

本院は連携施設と提携し最新のNK細胞治療法を提供します。
ナチュラルキラー細胞(NK細胞)は固有のリンパ系細胞で病的細胞を直接細胞毒や免疫調節サイトカイン産生して除去します。
従ってNK細胞療法は癌患者にとっては理想的な細胞療法と言えます。実際、白血病や他のがん患者に対し患者自身のNK細胞移植が疾患の進行を抑制している事実があります。
NK細胞の抗がん作用、例えば攻撃細胞を認識する機序、活性化機序、ネガテイヴな調節シグナルの機序などが解明されると、さらに患者への治療が進むことになるでしょう。
最近の研究によって、患者自身のNK細胞移植が安全で効果があることが特に悪性の血液疾患で解ってきています。NK細胞を何処から採取するか、単離する技術、活性化法、体外増殖法などの研究が進んでいます。
NK細胞療法をがん細胞によりよく近づける方法、機能的な攻撃力を強める方法、患者さんの体内で増加させる方法、抑制シグナルを制限する方法など関して新しい研究が進んでいます。

このようにNK細胞はがんの治療においては有望な免疫細胞療法を代表的するものです。患者さんの細胞を用いると同時にNK細胞の標的や機能を改善する付加的処置が進めば治療効果をより高め、多くのタイプのがんに適応範囲を広げられるでしょう。(1)
細胞表面蛋白発現の変異が細胞の悪性変化の一般的な結果です。NK細胞は、興奮性あるいは抑制性の受容体を介し、さまざまな細胞に対して、変化した蛋白発現パターンをスキャンして監視しています。その免疫システムの監視を逃れることががんの特異な点のひとつであると考えられています。NK細胞は免疫性を速やかに強力に出してがん転移や血液がんに対応します。当クリニックにおいてはNK細胞の抗がん作用を十分に発揮できるよう開発努力をしているところです。例えば、NK細胞の養子免疫伝達を大規模な増殖規模で行う方法や、NK細胞活動に有利なマイクロ環境作り、あるいは、がん細胞に対するNK細胞機能の再編、NK細胞機能を制限するような抑制シグナルを取り払うことなど、あらゆる方面からのアプローチがなされています。(2)

3)樹状細胞療法

樹状細胞療法はNK細胞療法と相まって進行がんのみならずがん予防療法として新しい有望な免疫学的治療と予防法です。他の治療が不可能ながんのステージⅣにおいてさえも樹状細胞療法(樹状細胞ワクチン)は有効です。

  • 患者さん自身または希望者自身から白血球を採取します。
  • 採取した樹状細胞は注意深く管理された条件培地で培養します。
  • 数日間分化誘導された樹状細胞を患者さんに戻します。
  • 皮下注射された樹状細胞は患者さんのリンパ節内で腫瘍特異性を持った細胞傷害性T細胞(CTL)を増殖させます。
  • 免疫系は極めて強力で正確に、きちんと用いれば、がん細胞は副作用なく破壊されます。
  • 悪性腫瘍は自らの組織成分から生じたものですが、免疫系は自らの正常な組織を攻撃しないように訓練されていますので安心です。

4)NKT細胞療法

自然免疫系のNK細胞と獲得免疫系のT細胞の両方の性質を持つという他の免疫細胞には見られない特徴をもっており、注目が集まっています。
NKT細胞は、T細胞レセプターとNK細胞レセプターを同時に発現しており、第4のリンパ球として位置づけられています。
このNKT細胞は、血液中に占める割合が非常に少なく稀少ですが、抗腫瘍効果をはじめとする免疫作用できわめて重要な役割を持っていることが判明しています。
このNKT細胞のがん細胞に対する殺傷能力はNK細胞よりも強力であるということも判明しています。抗腫瘍効果においてオールマイティな特に優れた免疫細胞といえます。